ネット社会だからと言ってネットに支配されない

ネットで書かれる誹謗中傷は心を痛く傷つけます。痛いなら、ネットを見なければいいのです。ネットを見ることが当たり前になっている現代で、ネットを見ないということは難しいかもしれません。ですが、ネットに依存する必要はないのです。そのサイトや書かれている部分を無視すればいいのです。ネットの誹謗中傷は一つのサイトやその部分でしか傷つける事しかできないので、その部分を気にしなければ気にならなくなります。変な話、つらくなったらネットを使わなければいいのです。

どこまでも追いかけてくるというのは幻想

ネットに依存してしまうと、誹謗中傷がどこまでも追いかけてくるという幻想を抱いてしまいます。ですが、そんなことはないのです。ネットの中のことはネットの中だけでしか起きないのです。現実社会に影響を及ぼすことはありません。もしそんなことが起きたのであれば、警察に相談する案件です。そこまで悪影響を受けていないのであれば、無視しておくべきでしょう。どこまでも追いかけて来ることがないと分かれば、気分も楽になります。

相談するべきは友達や家族

ネットの誹謗中傷をまともに受けてしまうと、つらくなってしまいます。そんなときに相談するのは近しい友人や家族でしょう。辛さを分かってもらえない人に相談しても意味がないからです。事件性がないことで警察は動いてくれませんし、他の人では相談する意味がないのです。親身になって相談に乗ってくれる人に相談しましょう。辛さを吐き出したら、意外と心が楽になるかもしれません。そこまでいけば気分が変わって、また頑張ろうという気になるのです。

逆SEOとは、検索サーバーの検索順位を下げることです。つまり、人に見られたくないWEBサイトを検索しずらくすることが目的です。例えばアダルトサイトや、個人の誹謗中傷対策の一つに活用されます。