まずは直ちに水から救出する!

iPhoneを水に落としてしまった際、自分ですぐに救出可能であれば直ちに水の中からiPhoneを取り出しましょう。トイレや汚水に落としてしまった場合に救出するのをためらう人も多いですが、この作業は早いに越したことはありません。長時間水につけておくことによって、落とした段階ではまだ無事だったデータの消失などにもにもつながりかねませんので、まずは第1に救出です!

SIMカードは取り外して電源はOFFに!

本体だけでなくSIMカードにも大切な情報は記録されていますので、水からiPhoneを救出したらすぐにSIMカードは取り外しておきましょう。そしてその後は電源はOFFにして使用は控えるべきです。例え水没直後に問題なく動いていたとしても、内部基板に水分が付着した状態で使用し続けることによって部品がショートしてしまう恐れがあるため、この作業も怠ってはなりません。このとき、内部に侵入した水分が外部へと出てきやすいようにスピーカーやコネクタ部分などが下にくるような状態で乾燥させる方法がおすすめです。

風通しの良い場所で自然乾燥!

電源を落としたあとは表面の水分を柔らかい布などで拭き取り、風通しの良い場所で自然乾燥させましょう。このときにドライヤーを使用して乾燥させるのは絶対にしてはいけない行為です。iPhoneには熱に弱い部品も多数使われていますし、過度に熱を加えることによって故障していなかった箇所まで故障させてしまう恐れもありますので、最低でも半日程度は自然乾燥を試みましょう。

iPhone修理では、部品単位の交換に対応している業者も多く存在し、あらゆるトラブルにおいて修理費用を抑えられます。