LEDは消費電力が少ない

LED照明はとても発光効率が良いと言われています。そのため、少ない電力で明るさを稼ぐことができるのです。一般的には、発熱電球の4分の1の電力で同じ明るさが得られます。蛍光灯と比較すると、半分程度の消費電力となります。LEDの登場当初は大型のLEDを作るのが困難と言われていましたが、現在では大型化にも成功し、自動車のヘッドランプや、プロジェクタの光源としても採用し始められています。なお、LEDには応答性が良いというメリットもあり、スイッチを入れるとすぐに点灯します。

LEDは寿命が長いのもメリット

一般的に、LEDは寿命が長いのもメリットと言われています。白熱型電球の場合は6千時間程度しか持ちませんが、LEDの場合は約40,000時間の寿命と言われています。そのため、LED照明を家庭や企業に導入した場合は、設置してから10年くらいは持つと言われています。また、通常照明は使用し始めてから経年劣化により照度が落ちて行きますが、LEDは照度の落ち方が従来の照明に比べて少ないとも言われています。

発熱が少ないのもメリット

LED電球や照明は発熱が少ないのもメリットです。そのため、火災の心配もありません。また、紫外線や赤外線なども出ませんので安全な照明と言われていて、現在では医療機関などでも使用し始められています。家庭で使用している場合でも、紫外線が出ないため虫が寄ってこないというメリットもあります。職場で使用する際は、発熱がないため夏場などにはエアコンの設定温度を控えめにすることができ、エアコンの消費電力も節約が可能です。

ledパネルとは、発光ダイオードを使用した電光掲示板です。テレビのような大画面から、「営業中」などの簡単なメッセージを表示する小さなもの、電飾のために使用されるものなど形状も用途も様々です。